スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Top100] UKの映画雑誌『Total Film』が選ぶTop100

GoodfellasIsNo1【記事ソース】Who is the greatest?(Total Film > Movie News)

 UKの映画雑誌『Total Film』が10月24日、〈オールタイム100グレーテストムービー〉を発表した。

 マーティン・スコセッシ監督の1990年代を代表する傑作『グッドフェローズ』が第1位に(ブラボー!)。スコセッシ作品はUKでよっぽど人気があるらしく、その他にも『タクシードライバー』(14位)『レイジング・ブル』(28位)『ミーンストリート』(45位)『キング・オブ・コメディ』(85位)と5本がランクイン。が、しかし、イーストウッド作品は『アウトロー』(60位)の1本きりだった(意外に人気がないなぁ)。

 今年2005年5月には『TIME』誌が〈オールタイムトップ100〉を順位なしでずらっと100本を発表。hibikyさんのブログ「士はおのれを知るために死す」でありがたいことに邦題付きで紹介されている。

【注目記事】ALL-TIME 100 Movies - TIME Magazine
【注目記事】「TIME」誌が選ぶベスト100 - 邦題付き(士はおのれを知る者のために死す)

 比較すると、『TIME』(US)のほうに『シティ・オブ・ゴッド』が入っていたりしてぼく好みかなぁとも思うが、『Total Film』(UK)も含めて見わたすと、日本で名作の代名詞とされる『風と共に去りぬ』『ローマの休日』『エデンの東』はすでに影もかたちもないことに気づく。『Total Film』にはすでに『サイドウェイ』(69位)『ドーン・オブ・ザ・デッド』(70位)『エターナル・サンシャイン』(82位)などが入っていたりして楽しい。

 こういうランキングは「これ見た」「これ見てない」という〈目安〉にすればいいと思うのだ。ちなみに、この中でぼくが見ていないのは2本だけあった。1本は『ハロウィン』(スプラッター・ホラーが苦手なもので)、もう1本はアレック“オビ・ワン”ギネス主演の『KInd Hearts And Coronets』(日本未公開だから仕方がない!)。他の98本は運良く見る機会があった。(順位通りに並べると)『グッドフェローズ』『めまい』『ゴッドファーザー PART II』『東京物語』『ヒズ・ガール・フライデー』『タクシードライバー』『ウエスタン』『ゴッドファーザー』『裏窓』『お熱いのがお好き』『レイジング・ブル』といった作品は、それぞれ10回以上見ているお気に入りでもある。

 みなさんにはなるべく多くの作品を見ていただきたくて版権を調べたが(amazon.co.jpアソシエイトで稼ぎたくてですが)、WHVの『ブレードランナー』や、FOXの『007』シリーズはすでに版権がないらしい(レンタル市場などには出回っているけど)。FOXに権利があったMGM/UAのタイトルがすべてSONYに移譲されることになったから、エアポケットのように、版権ギレ状態の場合もある。

 というわけで、amazon.co.jpでDVDを買えるようにリンクをはってみた。日本にないものは、amazon.com (US)に飛ばしてみた。 US盤DVDはリージョン1なので、リージョン2の日本製DVDプレイヤーでは再生できないが、DVDプレイヤー内蔵のパソコンや、リージョンフリーのDVDプレイヤーをお持ちの方は楽しめる。amazon.comには「アメリカ全土以外には売れません」と明記されているが、ぼくに限っては今まで届かなかったことはない。

 もしリージョンフリーのDVDプレイヤー(NTSCやPALも再生できる)をご所望の方は、輸入DVDショップとして最古参の「Disc & Gallery」(東京・渋谷)をのぞくとよろしい。「Mou(ムー)に聞きました」と合い言葉のように唱えれば、いくらか割引になるハズだ。東京以外の方はホームページを見て吟味してオーダーしてください。

 しかし、フェリーニの『8 1/2』が廃盤とは驚いた。大好きな『フープ・ドリームス』もそうだった。『ユージュアル・サスペクツ』なんか品切れ状態でもある。

 US盤DVDの短所は字幕がないこと、長所は特典がいっぱいあることでもある。理解力は極端に落ちるが、SubtitleをEnglishにすれば(USでは耳の不自由な方もDVDが楽しめるようにクローズド・キャプションが義務づけられている)、日本語字幕のように1行13字という制限もないから、すべての台詞が(英語でですが)聞ける。また素晴らしい映画って、俳優の動作でだいたい何を言わんとしているかわかるものだ。

 だいぶ前置きが長くなりました。この「Top100」、あなたは何本見ているだろうか?mousato1212 

 

■Total Film's 100 Greatest Movies Of All Time

1. グッドフェローズ "GoodFellas"(1990、マーティン・スコセッシ)
2. めまい "Vertigo"(1958、アルフレッド・ヒッチコック)
3. JAWS/ジョーズ "Jaws"(1975、スティーヴン・スピルバーグ)
4. ファイト・クラブ "Fight Club"(1999、デヴィッド・フィンチャー)
5. ゴッドファーザー PART II "The Godfather Part II"
(1974、フランシス・F・コッポラ)
6. 市民ケーン "Citizen Kane"(1939、オーソン・ウェルズ)
7. 東京物語 "Tokyo Story"(1953、小津安二郎)
8. スター・ウォーズ/帝国の逆襲 "The Empire Strikes Back"
(1980、アーヴィン・カーシュナー)
9. ロード・オブ・ザ・リング3部作 "The Lord Of The Rings Trilogy"(2001/2002/2003、ピーター・ジャクソン)
10. ヒズ・ガール・フライデー "His Girl Friday"(1939、ハワード・ホークス)

...続きを読む

スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。