スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Profile] Who the hell is Mou Sato?

佐藤睦雄 Sato, Mutsuo(Mou)mousato1212
Writer/Editor/Moviebuff
1961年12月12日、岩手県釜石市生まれ。射手座、血液型A型。

サイト名の由来 

 いつのころからか新宿ゴールデン街に出入りし、「トロア・ヴァレー」という店の常連になり、そこのママである宮川久美さんにムツオという名前から、ガタイがでかいことから「ムー」と命名されました。映画業界のみならず、関係各位のみなさんが今では「ムー」と呼ぶほど。パリ帰りの久美さんの命名ゆえ、大好きな画家・藤田嗣治(つぐはる)も自分の名前を「Foujita」と「o」の次を入れていることから(藤田の場合、ゴダールの『気狂いピエロ』の原題"Pierrot le fou" の「fou」のもじりなんですが)、真ん中に「o」を入れて「mou」とつづっています。
 1212ってぜんぜん3に踏み出せない人生ですが、誕生日の12月12日というのは小津安二郎監督の誕生日であり命日であり(ちなみにフランク・シナトラも同じです)、しばしば鎌倉・円覚寺にある小津監督のお墓を訪れます。南側の山道を登ったところにひっそりとたたずむ黒い御影石のお墓は日本が誇る大監督のものだと気づかないぐらいで、その石には「小津」の字が一文字もないのです。なんと、「無」の一文字!!!!! 「ムー」とは「無」につながるものとして、今では気に入っています。
 中学・高校生のころから映画を見て、惚れて、愛して、浪人生・大学生時代は年間400本平均で見るほどにどっぷりと映画の世界にひたって、映画が人生の一部になりました。後述する「ぼくのオールタイムトップ10」はつねに自分を勇気づけてくれる映画の10本ですが、その時代に見た映画がほとんどです。とりわけ猛烈に愛してしまったのが、クリント・イーストウッドマーティン・スコセッシ。彼らの映画を通じて、映画の素晴らしさを再発見し、説話論のすべてを知り、また彼らの映画からジャズ、ロック、ブルース、文学、アートなどありとあらゆる分野に好奇心をふくらませていきました。自分自身オタクではないと思いますが、素晴らしい小説や素晴らしい音楽と出会っても、「映画的!」に考えるようになりました。女性への口説き文句も映画の台詞になってしまった。いわば、映画バカなんですね。シネフィル、シネマジャンキーなどいろいろな言い方があるけれど、スコセッシ師がつねづね使っている「movie buff」(ムービーバフ)がもっともぼくにふさわしいのでは考え、今では名刺の肩書にも使っています。
 つまり「MouvieBuff」とは「映画バカ、ムー」という意味であり、「Diaries」は感じたことを記す日誌であります。何ごとにも三日坊主なだけに複数形にして、自分に縛りをもうけることにしました(笑)。気分はチェ・ゲバラの『モーターサイクル・ダイアリーズ』なのですが……。

このブログの楽しみ方

ぼくの映画採点評●ぼくの映画評論+独善的な採点。週に2,3本ぐらいをめどに頑張ります。
   ★★★★★(大傑作!パーフェクト!!)
   ★★★★1/2(素晴らしい出来!)
   ★★★★(感動させる!)
   ★★★1/2(よく出来ました)
   ★★★(見るところはあるなぁ)
   ★★1/2(まあまあOKな出来かも)
   ★★(味気がない、つまらない)
   ★1/2(不完全すぎて時間の無駄)
   ★(悪すぎるのにもほどがある)
   1/2(ひどすぎ!! 見る価値なし)
   ☆(すぐに忘れてしまいたい)
スペシャルインタビュー●映画監督やプロデューサーのインタビュー。スターの取材はなかなか回ってきません。
映画ランキング●さまざまなサイトや雑誌などに発表された映画的なランキング。興行成績とかは興味がないので、あくまで映画の良し悪しが判断できるものにします。
ぼくのシネマノート●コラムやエッセイ、雑記や軽いメモなど。
映画ニュースを読む!●さまざまなメディアで伝えられる記事をもとに、映画的に考えたことを記します。
スターファイル★男優編●男優スターへの想いをつづります。
スターファイル★女優編●女優スターへの想いをつづります。

■ご意見、ご要望、お問合せ、ご質問、お仕事のご依頼は
mousato@gmail.comへご気軽にどうぞ。

ぼくのオールタイム映画トップ10


1. 用心棒(1961、黒澤明)
2. ゴッドファーザー I & II(1972/1974、コッポラ)
3. めまい(1958、ヒッチコック)
4. タクシードライバー(1976、スコセッシ)
5. こわれゆく女(1974、カサヴェテス)
6. 続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966、レオーネ)
7. 暗殺の森(1970、ベルトルッチ)
8. アウトロー(1976、イーストウッド)
9. ギャンブラー(1971、ロバート・アルトマン)
10. 続・激突!カージャック(1973、スピルバーグ)


ジェームズ・リプトン氏風10の質問と答え

1. 好きな言葉は?
「快楽(プラジール)」
2. 嫌いな言葉は?
「デッドライン(〆切)」
3. 元気のもとは?
「映画(特にスコセッシとイーストウッドの映画)、甘美なキス、美味しいお酒。女性の髪の香り」
4. 滅入るのは?
「孤独、たったひとりの鍋をつつくとき」
5. 好きな音は?
「温泉に入ったときのチャポっていう音、ワインや日本酒がグラスに注がれる音、フィルムの映写機のカタカタ鳴る音、サッカーや野球のスタジアムのざわめき」
6. 嫌いな音は?
「鉄の爪で黒板をひっかく音、原稿の催促の電話のベル」
7. 好きな悪態は?
「おまえのかあちゃん、デベソ!」
8. 映画ライター以外で挑戦してみたい職業は
「オーケストラの指揮者、カウボーイ、植草甚一
9. 絶対にご免という職業は?
「雑誌のトップ屋、冬山の遭難救助隊、鳶職(高所恐怖症なので)」
10. 天国に着いた時、神に何と言われたいですか?
「父と母が待ってるよ」


マイ・フェイバリット・リスト

好きなスポーツチーム●阪神タイガース、FCバルセロナ
好きな言葉●「花に水、人には愛、料理は心や!」(by神田川俊郎)、「この雨は、もうどこへもやらずの雨よ」(by藤純子『昭和残侠伝/死んで貰います』)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://mouviebuff.blog32.fc2.com/tb.php/2-ed2fd778

コメント

いつもみています
はじめまして、ちょくちょく参考にしています。また遊びにきます。
そうですね
いつも見ています。いつも日記凄いです。私も頑張ります。もう寒いので体に気をつけて下さい。また覗きに来ます。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。